最初に全身脱毛してみます

最初に全身脱毛してみます

私がお金持ちになったらしたい事があります。

 

それが全身脱毛なのです。

 

私は今このムダ毛でとても悩んでいます。

 

こんなにもムダ毛がびっしりしているのに、私は女性なのです。

 

もしも私が男性だったら、こんな悩みはないでしょう。

 

きっと脱もなんて考える事もないのでしょう。

 

でも違うのです。

 

私は女性なのです。

 

だから身だしなみとしてしないといけない事があるのです。

 

それはお化粧と脱毛です。

 

この二つは女性としての身だしなみなのです。

 

だからまず私がお金持ちになったら、慣れたらしたいのです。

 

自宅ではカミソリでムダ毛を剃っています。

 

でもすぐに生えてくるのです。

 

当たり前のように、次から次へとみるみる生えてくるのです。

 

だからこのままではいけません。

 

このままでは、私はきっと男性になってしまうのでしょう。

 

だからちゃんと全身脱毛をしてきれいになりたいのです。

 

大人になったらみんなする事だと思っていました。

 

女性だったら、ムダ毛があるなんてありえない事だと思っていたのです。

 

それなのに、三十歳になった今でも私は自宅での脱毛しかしてないのです。

 

できれば脱毛サロンでしっかりと全身脱毛をしたいと思っているのです。

 

でもきっとその内だと思います。

 

そのうち私は全身脱毛ができるでしょう。

全身脱毛でのデリケートな部分の脱毛の恥ずかしさ

 

全身脱毛そのものは女性として是非とも試してみたいものであり、気になるムダ毛を処理してもらえるのですっきりしますし、肌触りがよくなるのはとっても嬉しいことです。

 

とはいえ、脇とか顔や腕といった部分ではそれほど気にならないものの、やはりデリケートな部分であるVIOの脱毛をする時には恥かしさを感じてしまうかもしれません。

 

たとえ同姓であったとしても自分のアソコを他の人に見られるというのは緊張しますし、どきどきしてしまいます。

 

そして恥かしい気持ちが高まってしまうものです。

 

とはいえスタッフやそれを施術する人たちはみな女性であること、毎日何度も同じことをしているので彼女たちはなんとも感じていないものですし、かといってその気持ちがわからないわけではないのでできるだけ恥かしいという気持ちにならないように優しい対応や言葉をかけてくれるのでそれほど心配することはありません。

 

むしろそれをしてもらうことでビキニもセクシーな下着も着ることができるようになるので積極的になれるということの嬉しさが強くなります。

 

恥かしい姿勢になるとはいえ、やがてはその恥かしさを克服することができるようになっていきます。

 

その部分が終わってすっきりした仕上がりになるときに嬉しさがこみ上げてきます。